静岡新聞SPORTS

<静岡県市町駅伝>20年越しの悲願 清水町、初の頂点

(2019/12/1 09:53)
町の部で初優勝を決めた清水町チーム。トロフィーを手に笑顔の朝倉和也監督(右)と大森郁夫主将=30日午後、静岡市駿河区
町の部で初優勝を決めた清水町チーム。トロフィーを手に笑顔の朝倉和也監督(右)と大森郁夫主将=30日午後、静岡市駿河区

 静岡市内で30日に行われた第20回記念県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県体協共催)、町の部は清水町が初の頂点。函南町の3連覇を阻み、新章の幕開けを告げた。
 20年越しの悲願がついにかなった。町の部で初優勝した清水町の朝倉和也監督(60)は第1回大会からチームを指揮。「あと一歩で勝てなかった悔しさがずっと頭の片隅にあった。積み上げてきたものが花開いた」と万感の思いに浸った。
 レースが終わった瞬間、安堵(あんど)感に包まれた。第2回大会では首位で迎えた最終区、1分以上のリードを逆転されて3位。「またやられるんじゃないかと気が抜けなかった」。トップを守ったアンカー大森郁夫主将(37)をゴール地点で迎え、がっちりと握手を交わした。
 2012年ロンドン五輪男子5000メートル、1万メートル代表の佐藤悠基選手(33)=同町出身=の中学時代の恩師でもある朝倉監督。就任以来心掛けてきたのは、一人一人の持ち味をどう生かすかだった。特に小中学生に向け、走りの特徴や性格に合った指導に注力してきた。今年は「殻を破るための刺激にしたい」と、1月の箱根駅伝で初の総合優勝を果たした東海大の両角速監督を招いて研修も行った。
 スタンドでは歓喜の瞬間を見守った関義弘町長やチーム関係者から祝福を受けた。「20年間町民の皆さんに待ってもらえた。時間がたてばうれしさも湧いてくるかな」。過去19大会で3位が5回、昨年は初の2位。ようやく上り詰めた頂点を静かに喜んだ。

2019の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第19節 2回戦
名古屋 3 - 1 清 水 (終了)
浦 和 0 - 2 横浜C (終了)
神 戸 4 - 0 札 幌 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿