静岡新聞SPORTS

<浜松市西部>圧巻完全V 山本5年連続区間賞

(2014/12/7 10:11)
1区で区間新の走りを見せ、5連覇に貢献した浜松市西部の山本=静岡市葵区駿府町
1区で区間新の走りを見せ、5連覇に貢献した浜松市西部の山本=静岡市葵区駿府町

 圧巻の完全優勝だった。全11区間で一度も首位を明け渡さなかった浜松市西部。昨年の大会最高記録には及ばないが2年連続の2時間11分台に、藤田監督は「一人一人が自分の力を出し切った」と納得の表情を見せた。
 序盤で盤石な独走態勢を築いた。1区山本(常葉菊川高3)が区間新の快走で飛び出すと2区牛(大平台小6)、3区横道(都田南小6)、4区榊原(スズキ浜松AC)がそれぞれ区間2位の走りで後続に1分51秒差を付けた。
 山本の5年連続区間賞は女子初。過去3年は終盤の勝負どころの9区を任されてきたが、「いつかは花の1区を走りたい」という念願がかなった。1区(3・974キロ)は9区(4・67キロ)より距離が短い。前のめりに攻めてもバテない自信があった。「後続との差を広げよう」とスタートから勝負を懸けた。来春、実業団の豊田自動織機入りするため、市町駅伝は最後のつもりで臨んだ。「声援が聞こえ、楽しく走れた」と笑顔で締めくくった。
 後半も6区西村(スズキ部品製造)、9区那須(浜松日体高1)の区間賞の力走で、さらにリードを広げた。
 5年連続でフィニッシュテープを切った武田(スズキ浜松AC)は「自分は一度も区間賞を取っていないので、チームに感謝」と恐縮しきり。埼玉県出身で専門は3000メートル障害。ロードには苦手意識があるが「静岡の陸上競技の活性化になれば」とやりがいを感じている。「代表に選ばれる限り連覇に貢献したい」。早くも視線は、来年の6連覇に向いている。

2014の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

JリーグYBCルヴァン・カップ

◇第2節 A組
清 水 0 - 3 名古屋 (終了)
鹿 島 2 - 3 川 崎 (終了)
◇第2節 B組
C大阪 1 - 0 浦 和 (終了)
◇第2節 C組
札 幌 2 - 1 広 島 (終了)
鳥 栖 0 - 1 横浜C (終了)
◇第2節 D組
 柏  1 - 0 湘 南 (終了)
大 分 1 - 1 G大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿