東海大翔洋・松下が完封 静岡県中学選抜野球

 ▽準々決勝(島田第1試合)

東海大翔洋―磐田東 7回を3安打完封した東海大翔洋の松下=島田球場
東海大翔洋―磐田東 7回を3安打完封した東海大翔洋の松下=島田球場

 磐田東(磐周)
 0000000―0
 020000×―2
 東海大翔洋(運営委推薦)
 (磐)栗林―伊藤倭
 (東)松下―斉藤
 ▽三塁打 中野(東)▽二塁打 中島(東)
 ▽試合時間 1時間10分

磐田東を1四球3安打
 東海大翔洋は今大会初先発の右腕松下が、磐田東を1四球3安打で完封し、勝利に貢献した。1日100球の球数制限が導入された今大会。序盤は制球難で球数がかさんだが「下半身を使って投げるように修正した」と、変化球を絡めて打たせて取り、好守にも助けられて100球ちょうどで完投した。
 松下を援護したのはエースナンバーを付け、遊撃で先発出場した中野。二回1死一塁の場面で適時三塁打を放ち、犠飛で2点目の本塁を踏んだ。「投げる時は野手にカバーしてもらっているので、自分もかえそうと思った」と、最初の得点機をものにした。
 寺崎監督は「ようやくまとまったゲームができた」と及第点を付け「投手も打線も、いい状態で(最終週に)臨めるよう準備したい」と、9度目の優勝に照準を合わせた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0