伊東対島、最終回逆転 静岡県中学選抜野球

 ▽準々決勝(浜岡第2試合)

牧之原相良・牧之原-伊東対島 7回表伊東対島2死一、二塁、田中が逆転の2点適時三塁打を放つ=浜岡球場
牧之原相良・牧之原-伊東対島 7回表伊東対島2死一、二塁、田中が逆転の2点適時三塁打を放つ=浜岡球場

 伊東対島(東部推薦)
 1010004―6
 1020000―3
 牧之原相良・牧之原(榛原)
 (伊)山口、田中―小川
 (牧)今村―山崎
 ▽三塁打 小川、田中(伊)渡辺(牧)▽二塁打 田中(伊)竹中(牧)
 ▽試合時間 1時間31分

大黒柱・田中が殊勲打
 伊東対島が最終回2死走者なしから逆転に成功した。
 1番谷が敵失で出塁し、続く山口が四球でつないだ。3番田中は2回戦で同点打を放つなど走攻守で活躍したチームの大黒柱。「迷わずいこう」と内角高めの直球を振り抜き、右翼線へ逆転の2点適時三塁打を放った。この日は4打数3安打。四回からの救援登板では威力のある直球を軸に6三振を奪い、牧之原相良・牧之原に追加点を与えなかった。
 サヨナラ勝ちした2回戦に続く劇的な勝利にチームも勢いづいた。永田監督は「選手たちに勝たせてもらった。また1週間成長して準決勝を迎えたい」と語った。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0