掛川西、清水飯田下す 静岡県中学選抜野球

 ▽準々決勝(浜岡第1試合)

清水飯田-掛川西 4回裏2死二塁、鈴木が勝ち越しの三塁打を放つ=浜岡球場
清水飯田-掛川西 4回裏2死二塁、鈴木が勝ち越しの三塁打を放つ=浜岡球場

 清水飯田(中部推薦)
 2000000―2
 020101×―4
 掛川西(掛川)
 (清)市川―石垣
 (掛)服部駿、村上―服部仁
 ▽三塁打 鈴木(掛)▽二塁打 石垣(清)加藤、鈴木、杉村昂(掛)
 ▽試合時間 1時間32分

杉村昂8番 鈴木9番 全4打点稼ぐ
 掛川西の8番杉村昂と9番鈴木が全4打点をたたき出す大当たり。下位打線コンビの活躍で難敵清水飯田を下し、4強に進出した。
 鈴木は2点を追う二回1死一、二塁で左翼線を抜く同点二塁打。四回は2死二塁から左翼越えに勝ち越し三塁打を放った。杉村昂は六回2死一塁から中越えの二塁打で貴重な追加点を挙げた。
 ともに今大会初安打。鈴木は初戦で控えに回り「レギュラーを取り戻す」と燃えていた。冬に毎日素振りを500回以上続け、自信を持って振り抜いている。杉村昂は「自分の役割は出塁」と四球を誘う低い構えを貫くが、ひそかに磨いたパンチ力を示し「気持ちよかった」と笑った。
 「2人は守備も買っての起用。二回は犠打を考えたが、思い切って打たせた」と斎藤監督の采配が的中。タイプが違う服部駿、村上の継投もはまった。次戦もチーム一丸の戦いで東海大翔洋に挑む。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0