「浜松対決」麁玉が制す 静岡県中学選抜野球

 ▽2回戦(焼津第2試合)

浜松麁玉-浜松開成 投打にわたり勝利に貢献した浜松麁玉の松下=焼津球場
浜松麁玉-浜松開成 投打にわたり勝利に貢献した浜松麁玉の松下=焼津球場

浜松麁玉(浜松)
1230000―6
0010004―5
浜松開成(浜松)
(麁)村松、松下―佐藤
(開)松本、新宮、漆畑―河野
▽三塁打 佐藤(麁)鈴田(開)▽二塁打 村松、片桐(麁)橋本(開)
▽試合時間 1時間55分

 ■松下が大車輪
 浜松麁玉が1年生、松下の投打にわたる活躍で浜松開成との浜松対決を制した。
 初回に1点を先制した浜松麁玉は、二回2死二、三塁から松下の右前打で2点を追加。さらに三回にも2点適時打を放った。3安打4打点の大活躍に松下は「チャンスをつくってくれたチームメートのおかげ」と謙遜気味に振り返った。
 四回からマウンドに上がりロングリリーフを担った。公式戦初登板で3回を無失点で切り抜けたが、最終回に4点を失い課題が残った。「最後はアウトを取りたいと焦りが出てしまった」と反省し、「次はもっと落ち着いた投球ができるように努力したい」と準々決勝を見据えた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0