静岡新聞SPORTS

アスルクラロ沼津、藤枝に敗れる J3リーグ第28節

(2020/11/19 09:20)

 J3リーグは18日、藤枝総合運動公園サッカー場などで第28節9試合を行った。藤枝と沼津が対戦した“静岡ダービー”は1―0で藤枝が勝った。

(2)藤枝サ(1勝1敗)▽観衆745人
藤枝 11勝7分け10敗(40) 1(0―0 1―0)0 沼津 9勝5分け14敗(32)
▽得点者【藤】森島(4)

 ■沼津3連勝ならず 
 粘り強く守っていた沼津には、不運だった。オフサイドの判定が覆り、終了間際に藤枝に決勝点を奪われた。「判定に従うが、一番近くで見ていたレフェリーの意見を尊重すべき」と話す今井監督には後味の悪さが残った。
 藤枝東高出身のGK長沢は失点について「最初のシュートをブロックした後、体勢を崩してしまった。あの時間の失点は自分の甘さ」と唇をかんだ。
 前半の飲水タイムまではボールを支配し、相手を圧倒した。だが、その時間内に放った4本のシュートは枠を外した。MF前沢は「丁寧にやり過ぎた。シュートを打たず、パスを選択したことも多かった」と振り返った。中3日で臨んだ藤枝に対し、沼津は中2日。疲労から後半は一方的に押し込まれた。
 ただ、チームのスタイルを貫き、接戦に持ち込んだ。今季初の3連勝は逃したが、今後も完成度を高めながら勝利につなげる。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿