静岡新聞SPORTS

アスルクラロ沼津ドロー J3リーグ第23節

(2020/10/26 10:00)
沼津―秋田 前半、ミドルシュートを放つ沼津・鈴木拳=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―秋田 前半、ミドルシュートを放つ沼津・鈴木拳=愛鷹広域公園多目的競技場

 J3リーグは25日、愛鷹多目的競技場などで第23節の8試合が行われ、沼津は首位秋田と0-0で引き分けた。秋田は勝ち点55。

(2)愛鷹(秋田1勝1分け)▽観衆1586人
沼津 7勝4分け12敗(25) 0(0―0 0―0)0 秋田 16勝7分け(55)

 ■首位秋田と互角以上 沼津
 沼津は首位を独走する秋田と互角以上の戦いを演じ、大きな勝ち点1を獲得した。昨季までチームを指揮した吉田監督率いる相手に対し、MF菅井は「一人一人がいつも以上に緊張感を持って戦えた」と手応えを示した。
 序盤からシンプルに長いボールを蹴り込んでくる秋田に球際の強さで負けず、好機をつくらせなかった。前半15分、MF鈴木挙が放ったミドルシュートは惜しくもGKの好守に阻まれた。「沼津の選手は魂のこもったプレーをしていた」と敵将の吉田監督をうならせる気迫を見せた。
 後半も主導権を握って攻めの姿勢を貫いた。混戦から合わせたDF浜のヘディングはクロスバーを直撃。相手を上回る7本のシュートを放ったが、リーグ最少失点を誇る秋田のゴールはこじ開けられなかった。それでも、カウンターへの危機意識を持ち続け、打たれたシュートは2本。2試合連続の無失点を達成した。
 今井監督は「点を取ること以外は、90分間集中力を持続できた」と評価。菅井は「ボールを保持したが、“持たされた”という印象。相手が守備を固めてきた時にどう打開するかが課題」と反省を忘れなかった。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1(今日の予定)

◇第29節 2回戦
横浜C - 清 水 (19:00)
川 崎 - G大阪 (18:30)
鹿 島 -  柏  (19:00)
大 分 - C大阪 (19:00)
湘 南 - 広 島 (19:30)
鳥 栖 - 仙 台 (19:30)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿