静岡新聞SPORTS

J3アスルクラロ沼津 安在、左サイドで存在感 期限付き、今季加入 積極的に得点に絡む

(2020/7/9 17:54)
左サイドで存在感を示している沼津の安在(右)=愛鷹スポーツ広場
左サイドで存在感を示している沼津の安在(右)=愛鷹スポーツ広場

 J2東京Vから期限付きで今季加入したJ3沼津のDF安在達弥(24)が、早くもチームの中心的存在になっている。チーム事情で不慣れな左サイドバックを担っているが、攻守両面で貢献度を高めている。
 安在の本職は右サイド。だが、6月27日の藤枝との開幕戦は、けがで戦列を離れていた右のDF尾崎が復帰したため左に回った。「練習試合でも左はやったことがなかった」と不安もあったが、積極的な攻撃参加でチームに好影響を与えた。
 藤枝戦は後半32分、安在が敵陣深くで獲得したCKから同点ゴールが生まれた。38分は安在が放ったシュートが相手の手に当たり、勝ち越しのPKを獲得した。「(クロスやシュートで)右足に持ち変えたくなるし、視野が全然違うので戸惑うこともある」と話すが、中央に切れ込んで得点に直結するプレーが増えている。1―3で敗れた5日の長野戦は、前半終了間際の同点弾に絡んだ。
 中大から東京Vに加入した昨季はリーグ戦4試合出場にとどまり、出場機会を求めて移籍した。「選手としての価値を高めるためにも、けがをしないで全試合出場を果たしたい」と安在。兄の和樹はJ2山口の左サイドバック。東京Vユース時代には左右サイドバックで同時にピッチに立ったこともある。兄を超えるためにも、沼津での武者修行で成果を示す。

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第24節 2回戦
札 幌 3 - 0 横浜C (終了)
鹿 島 1 - 0 広 島 (終了)
名古屋 1 - 0 仙 台 (終了)
G大阪 2 - 1  柏  (終了)
浦 和 3 - 1 C大阪 (終了)
鳥 栖 2 - 2 湘 南 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿