静岡新聞SPORTS

沼津、スコアレスドロー J3リーグ第32節

(2018/11/19 07:51)
沼津―相模原 後半、沼津の藤崎(奥)が相手シュートに飛び込み頭で阻む=愛鷹広域公園多目的競技場
沼津―相模原 後半、沼津の藤崎(奥)が相手シュートに飛び込み頭で阻む=愛鷹広域公園多目的競技場

 明治安田J3リーグ第32節最終日(18日・愛鷹広域公園多目的競技場ほか=7試合)は、沼津が相模原と0-0で引き分け、勝ち点49で4位に下がった。

 (2)愛鷹(相模原1勝1分け)▽観衆5074人
 沼津 13勝10分け7敗(49) 0(0―0 0―0)0 相模原 11勝6分け13敗(39)

 ■堅守も決めきれず
 沼津は相模原の攻撃に耐えながら好機を探ったが、決定機に決めきれずスコアレスドローに終わった。吉田監督は「ゴールを破るには、(攻撃の)精度を高める努力が必要」と振り返った。
 相模原がボールを集めていた身長193センチのFWジョンガブリエルに対し、沼津は複数のDFが連携して対応。競り負けてもカバーを徹底することで、自由にさせなかった。
 後半30分にゴール正面から強烈なオーバーヘッドを打たれたが、GK大西のカバーに入ったDF藤崎が頭ではじいて死守した。
 攻撃ではカウンターで相手ゴールに迫った。後半35分、DF熱川がフリーでシュートを放つ決定機を迎えたが、相手GKの好守に阻まれた。熱川は「GKをかわしてシュートするなど、選択を変えていれば」と悔やんだ。
 リーグは残り2試合で次節は勝ち点差5の2位鹿児島とアウェーで戦う。「(J2の)昇格圏内に入ることはすごく大事」と主将菅井。残りを全勝して、2位フィニッシュを目指す。
 

アスルクラロ沼津の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第31節 2回戦
仙 台 2 - 0 清 水 (終了)
大 分 2 - 1 G大阪 (終了)
鳥 栖 1 - 0 松 本 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト