静岡県勢Jクラブいざ出陣 清水27日鹿島戦 磐田28日琉球戦

 静岡県内のJクラブも出陣―。J1清水は27日、6年ぶりの開幕白星を目指して敵地で鹿島と戦う。補強で充実した戦力を整え、16位に終わった昨季からの反転攻勢を期す。J2磐田は28日、敵地で琉球と対戦。開幕戦勝利でJ1復帰に向け勢いを付けたい。

清水 最近の開幕戦
清水 最近の開幕戦
磐田 最近の開幕戦
磐田 最近の開幕戦
清水 最近の開幕戦
磐田 最近の開幕戦


 ■清水 6年ぶり開幕勝利へ
 清水は26日、三保グラウンドで約2時間の非公開練習を行い、敵地に移動した。報道陣に公開した練習冒頭には、選手とスタッフで組んだ円陣から笑い声が漏れ、リラックスした雰囲気も見せた。
 春季キャンプ後は首脳陣の意向で練習試合を完全非公開で行い、報道陣への練習公開にも制限を設ける徹底ぶりでチームづくりに集中してきた。ロティーナ監督は「攻守全てに積み上げができ、満足している」と評価。2年連続リーグ最多失点を喫している守備面には「まだ完全ではないが良い方向に進んでいる」と語り、戦術浸透の成果を期待した。
 昨季5位の鹿島は就任2年目となるザーゴ監督の下で優勝を見据える。昨季リーグ18得点のエヴェラウド、10得点の上田を擁する前線の得点力はJ1屈指。右サイドバックで先発濃厚の原は「組織で守り、2人に良いボールを供給させないように」と対策を練る。
 昨季はコロナ禍の中断を挟み開幕5連敗と出だしからつまずき、低迷を続けた。今季は史上最多の全20チームで争い、4チームが自動降格する厳しい戦いになる。MF竹内は「最初で波をつくらないと」と白星発進を誓う。

 ■磐田 2年連続白星発進を
 磐田は4年ぶりに敵地で開幕戦を迎える。鈴木監督は「選手が自信を持ってピッチに立つことができるか」と勝敗へのポイントを挙げるが、「一発目(開幕戦)はやっぱり結果がほしい」と2年連続の開幕戦勝利でチームを勢いに乗せたい。
 昨年11月に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアと診断され、手術したFWルキアンについて、鈴木監督が「けがの不安は感じられない」と話すなど、目覚ましい回復を遂げている。昨季は途中で離脱しながらチーム最多10得点を奪ったブラジル人は「昨年は数字だけ見れば悪くない結果だが、今年はシーズンを通してチームの力になりたい。その中でゴール数も増やしたい」と意欲を示す。昨季の敵地での琉球戦でゴールを決めているルキアン。途中出場でも貴重な戦力になりそうだが、先発起用なら小川航との2トップを採用することになりそうだ。
 琉球は昨季16位。風間宏希、宏矢(清水商高=現清水桜が丘高=出)兄弟らが在籍している。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0