静岡新聞SPORTS

ヤマハ、8強進出ならず NTT東に完敗、都市対抗野球

(2020/12/1 08:30)
ヤマハ―NTT東日本 6回表ヤマハ1死、本塁打を放つ前野=東京ドーム
ヤマハ―NTT東日本 6回表ヤマハ1死、本塁打を放つ前野=東京ドーム

 第91回都市対抗野球大会第9日は30日、東京ドームで2回戦と準々決勝を行い、ヤマハ(浜松市)はNTT東日本(東京都)に1-11、7回コールドで敗れ、8強進出はならなかった。ヤマハは一回の守備で先発高橋康平(永和商事ウイング)が長短4安打を浴びて3失点と後手に回った。打線は6安打に抑えられ、六回に前野幹博の本塁打で1点を返すにとどまった。

 ▽2回戦
ヤマハ(浜松市)
0000010―1
300503×―11(7回コールド)
NTT東日本(東京都)
▽本塁打 前野(ヤ)火ノ浦、向山(N)
▽三塁打 喜納(N)▽二塁打 笠松(ヤ)笹川(N)
▽試合時間 2時間37分

 【評】ヤマハは投打に精彩を欠き、NTT東日本に7回コールドで敗れた。
 ヤマハは投手陣が崩れ、11安打で11失点を喫した。一回の守備で先発高橋が長短4安打で3失点。九谷、大野、波多野、池谷、清水とつないだが、相手打線の勢いを止めることができなかった。
 打線はNTT東日本の先発左腕沼田を攻めあぐねた。三回に川辺の四球、青柳と河野の中前打で1死満塁の反撃機をつくったが、2者凡退で無得点。六回に前野のソロ本塁打で挙げた1点にとどまった。

 ■2年連続東京代表の「壁」 投打に精彩欠く
 ヤマハは2年連続で東京代表の厚い壁に8強入りを阻まれた。初戦の快勝から一転、強豪のNTT東日本にコールド敗戦。六回に本塁打で一矢を報いた主砲前野は「力不足」と完敗を認めた。
 室田監督が「次の点を取られる前に点を取りたかった」と、悔やむのが3点を追う三回1死満塁の場面。中軸の矢幡、前野を迎える絶好の打順だったが両者凡退に倒れた。相手先発沼田の決め球のチェンジアップに対抗するため、内角を捨て、踏み込んで打ちにいこうとしたが、予想以上に沼田が制球良く内角を突いてきた。「内の球が頭に残って外が遠くなった」と前野。
 中継ぎ陣も相手打線の攻勢にのまれた。3番手で救援した左腕大野(静岡商高出)は3点本塁打を含む4失点。「自分の持ち味はストライクゾーンで勝負するところなのに、次の点をやりたくない警戒心が働いてしまった」と制球を乱した。
 今季の戦いを終えたヤマハだが、予選から本大会までに多くの新戦力が台頭したのは収穫だった。「チームの活性化につながる」と指揮官。7年目だが、まだ25歳の前野は「強い東京代表を倒せるように、若手が底上げしてレベルアップして帰ってきたい」と先頭に立つ覚悟を口にした。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿