J選手会、地域支援へ一丸 静岡県内4クラブでプロジェクト

 サッカーJリーグの静岡県内4クラブの選手会が15日、新型コロナウイルスの感染拡大により停滞した地域経済の回復に貢献することなどを目指し、「One Shizuoka Project」を発足させた。「スポーツの力で静岡をひとつに」をコンセプトに結束し、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でオンライン会見を開いた。

静岡県内Jリーグ4クラブの代表者がビデオ会議アプリ「Zoom」で会見に臨んだ
静岡県内Jリーグ4クラブの代表者がビデオ会議アプリ「Zoom」で会見に臨んだ

 合同プロジェクトはJ2ジュビロ磐田の山田大記選手が提案し、J1清水エスパルス、J3アスルクラロ沼津、藤枝MYFCの選手会と協議して立ち上げた。山田選手は「命を守りながら、みなさんの生活を一日でも早く取り戻したい」と語った。
 主な活動はクラウドファンディングで500万円を集め、県内のPCR検査態勢拡充費用を捻出して県に届けることや、動画投稿サイト「ユーチューブ」での映像配信など。磐田の中野誠也選手は「総体が中止になった中高生からの相談を受けたり、4クラブで対決できる企画を配信したりしたい」と話した。
 「4クラブが力を合わせることで、特別な力になることを確信している」と清水の金子翔太選手。沼津の尾崎瑛一郎選手も「強い思いを持ってやっていく」と言葉に力を込める。藤枝の松岡亮輔選手は「地域の人々に役立てるプロジェクトなので、一過性で終わらせないようにしたい」と長期的な視野に立って活動を続ける。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0