静岡新聞SPORTS

J1清水とJ2磐田、対応追われる Jリーグ公式戦再開の再延期

(2020/3/26 08:04)

 Jリーグが公式戦再開の再延期を決めた25日、静岡県内のクラブは決定に理解を示すとともに、4月に開催される予定だった試合のチケット販売を一時停止するなど対応に追われた。
 J1清水の再開予定試合は5月9日の札幌戦(厚別)。山室晋也社長は「やむを得ない判断だが、ゴールデンウイーク期間に試合が開催できず、その後の過密日程も考えると収益への影響は大きい」と厳しい表情。MF竹内は「海外では外出制限の例もある中で自分たちは何不自由なく練習ができている。再開時にサポーターに元気を与えられるようにしたい」と語った。
 J2磐田は5月3日の町田戦(Gスタ)。非常事態を宣言している母国スペインに家族を残しているフベロ監督は「どんな状況でも心を乱さず、落ち着くことが重要。今後も毎日の練習は課題を決めて取り組む」と話した。J1復帰が懸かる今季の大幅な日程変更で調整は困難を極めるが、主将のDF大井は「条件はどこも一緒。最初からJ2で優勝して(J1に)上がることしか考えていない」と前向きだった。
 まだ開幕していないJ3の藤枝は4月25日、藤枝総合運動公園サッカー場での岐阜戦、沼津は26日の愛鷹多目的競技場でのG大阪U―23戦に向け、調整を進める。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト