静岡新聞SPORTS

杉森9人抜きの快走 萩原、森も見せ場つくる 都道府県女子駅伝

(2020/1/13 07:57)
16位となった静岡。2区山本(奥右)からたすきを受け走りだす3区杉森(中央)=京都市の烏丸鞍馬口・第2中継所
16位となった静岡。2区山本(奥右)からたすきを受け走りだす3区杉森(中央)=京都市の烏丸鞍馬口・第2中継所

 16位に終わった静岡だが、3区杉森が9人抜きの快走で見せ場をつくった。順位を2位に押し上げ、首位との差を50秒から9秒まで縮めた。「出せる力を出し切った。自分でも頑張ったと思う」と納得の表情。トラック1500メートルの中学女王が、駅伝でも全国に大きな印象を残した。
 初めての全国駅伝にも物おじしなかった。11位で走りだし、あっという間に前の集団に追い付いた。腕時計を頻繁に確認していたのは「区間新記録と区間賞を狙っていたから」。残り1キロ地点は沿道にいた両親らの声援を力に変えた。「仲間がいるからこそ頑張れた」と笑顔を見せた。
 7年ぶりに都大路の舞台に立った萩原と、初出場の森も存在感を示した。萩原はスピードランナーが集まる1区で冷静に勝負どころを見逃さなかった。第2集団で様子をうかがい、他選手のペースが落ちたところで前に出た。「プラン通り。自分のリズムで走った」と萩原。渋川監督(浜松工高教)も「期待通りの走り。上出来な立ち上がりだった」とうなずいた。
 森は中学最後の大会に気合が入っていた。前の走者と離れた16位でたすきを受けたが「抜かす気持ちで走った。区間4位はうれしい」と最後まで集中を切らさなかった。
 2年連続の入賞は逃したが、萩原は「そういう年もある。これも一つの経験だと思う」と前向きだ。実業団選手と中学生の活躍は、来年以降の飛躍へ収穫となった。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第26節 2回戦
仙 台 0 - 2  柏  (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿