静岡新聞SPORTS

海外強豪と対戦 12日から静岡国際ユースU―15サッカー

(2019/10/9 17:01)
Uー15静岡県代表
Uー15静岡県代表
アスルクラロ沼津U―15
アスルクラロ沼津U―15

 静岡県内と海外の中学生年代のサッカーチームが対戦する「静岡国際ユースU-15(15歳以下)サッカー大会」(静岡新聞社・静岡放送後援)が12日から3日間、御殿場市の時之栖サッカー場と、沼津市の愛鷹広域公園多目的競技場で開かれる。4チームがリーグ戦で争う。
 静岡県内からはアスルクラロ沼津U-15と、U-15県代表が出場する。海外からはメキシコの強豪トルーカと、元日本代表小野伸二(J2琉球、清水商高出)が所属していたオーストラリアのウェスタンシドニーのU-15チームが参加する。
 県代表は岩下潤清水ジュニアユースU-15監督が指揮する。選手18人は清水ジュニアユースから8人、磐田ジュニアユースとJFAアカデミー福島から4人ずつ、静岡学園中から2人が選ばれた。
 大会は2020年の国民体育大会に向けた県代表チームの強化や、国際舞台で活躍できる選手の育成が狙い。選手だけでなく、指導者の交流も図る。
 5回目となる今大会は、1919年の静岡師範学校蹴球部創設を起源とする静岡サッカーの100周年を記念した通年事業「静岡サッカーのあゆみ百年祭」の一環と位置付ける。県サッカー協会の竹山勝自副会長は「海外の名門チームとの交流を通じ、静岡サッカー界を発展させる機会にしてほしい」と期待する。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト