静岡新聞SPORTS

ラグビーW杯、エコパでパブリックビューイング 決勝Tの8試合

(2019/10/9 08:00)
エコパスタジアムでのパブリックビューイングをPRするポスター=8日午後、県庁
エコパスタジアムでのパブリックビューイングをPRするポスター=8日午後、県庁

 静岡県は8日、ラグビーワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント(T)全8試合のパブリックビューイング(PV)を、袋井市のエコパスタジアムで実施すると正式に発表した。県は「“静岡ショック”が起きたエコパで、ドリンク片手に熱戦を楽しんで」と来場を呼び掛けている。入場無料。
 PVを行うのは、決勝(11月2日)と準決勝2試合(10月26、27日)、3位決定戦(11月1日)、準々決勝4試合(10月19、20日)。各試合5千人を収容する予定で、アルコールを含む飲食物を販売する。5千人を超えた場合は入場制限する可能性もある。車での来場も可能。
 決勝TのエコパでのPVは当初、予定していなかったが、1次リーグで日本が3連勝するなど快進撃を続けていることを受けた措置。日本の決勝T進出の成否にかかわらず実施する。
 静岡市葵区の駿府城公園には現在、交流スペース「ファンゾーン」が開設され、PVが多くの観戦者でにぎわっている。同所では11月1~4日に大道芸ワールドカップが開催され、その準備期間とも重なるため、ファンゾーンは1次リーグで終了する。浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモとえんてつホールのファンゾーンは1次リーグに続き、準決勝、決勝の日に開設する。
 問い合わせは県ラグビーワールドカップ推進課<電054(221)3697>へ。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト