静岡新聞SPORTS

B3リーグ、ベルテックス静岡が初参戦 大石と大沢、経験で勝負

(2019/9/11 08:56)
約1年半ぶりの公式戦へ気合十分の大石慎之介
約1年半ぶりの公式戦へ気合十分の大石慎之介
主将として攻守でチームを引っ張る大沢歩=8月、静岡市内
主将として攻守でチームを引っ張る大沢歩=8月、静岡市内

 男子プロバスケットボールBリーグ3部(B3)が14日開幕する。今季から参戦するベルテックス静岡は静岡市中央体育館でアイシンAWとの開幕戦に臨む。経験豊富な選手会長の大石慎之介(飛龍高出)と主将の大沢歩(静岡学園高出)がチームをけん引する。
 かつてB1三遠にも所属した大石は、2018年2月に右膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂した。長いリハビリを乗り越え、約1年半ぶりの公式戦を迎える。「多少の怖さはあるが痛みはない。勝利にこだわり、1年間けがなく戦いたい」と気合十分だ。
 B2香川で主将を務めた大沢も大黒柱。8月中旬の東京EXとのプレシーズンマッチでは粘り強くボールに食らい付き、攻守で存在感を示した。10年ぶりに地元でプレーする喜びをかみしめ、「成長した姿を見せ、静岡のバスケットの発展に貢献したい」と意気込む。
 今季のB3は12チームが参加し、ホームアンドアウェーのリーグ戦で争う。「観客に感動と夢を与えるプレーを見せたい」と口をそろえる2人。静岡の新たな挑戦が始まる。

ベルテックス静岡
ベルテックス静岡

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト