静岡新聞SPORTS

ヤマハ、3年ぶり本大会狙う 都市対抗野球東海地区2次予選

(2019/5/17 08:39)
けがから復帰し、都市対抗2次予選に向けて練習に励むヤマハの青柳=豊岡球場
けがから復帰し、都市対抗2次予選に向けて練習に励むヤマハの青柳=豊岡球場

 社会人野球の都市対抗大会への出場権を懸けた東海地区2次予選が19日、愛知県の岡崎市民球場で開幕する。静岡県勢はヤマハが19日に三重高虎B.C(三重)と、2年連続で2次予選に進出した山岸ロジスターズが20日に王子(愛知)と、初戦でぶつかる。
 3年ぶりの本大会出場を目指すヤマハは故障者が復帰し、戦力が整いつつある。3月に左脚の太もも裏の肉離れを負った河野が今月上旬のJABAベーブルース杯に代打出場。右脚太もも裏を傷めて約1カ月間、離脱していた青柳も9日、全体練習に加わった。
 1番、二塁手として攻守に抜群の安定感が光る青柳は「けがでチームに迷惑を掛けた。初戦から出られるよう準備をしていく」と気合十分だ。実戦感覚を戻しながらの戦いとなるが、「まずはベンチでやれることをやる。チームが苦しい時に勝負強く一本出したい」と役割を見据える。
 チームはベーブルース杯で決勝進出。準優勝だったが、準決勝までは投打がかみ合い、4連勝した。「我慢して、勝ちきる試合ができた」と室田監督。投手は右腕近藤が軸となり、左腕池谷(静岡高出)も先発起用の見通しが立った。指揮官は「羽山(静岡商高出)や前野ら声を出す選手が多くなった」と野手の雰囲気の良さを感じている。
 過去2年、初戦を落としたことで苦しい戦いを強いられた。クラブチームが相手だが、油断はない。「相手は関係なくまず初戦。初戦に勝つだけでチームが一つにまとまる」と青柳。室田監督は選手が気負い過ぎないよう、「肩に力を入れずに行きたい」と、自然体を強調した。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

天皇杯(今日の予定)

◇4回戦
磐 田 - 清 水 (19:00)
甲 府 - 法 大 (19:00)
神 戸 - 川 崎 (19:00)
広 島 - 大 分 (19:00)
鳥 栖 - C大阪 (19:00)
長 崎 - 仙 台 (19:00)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト