加藤聖五は1回目で途中棄権 アルペンW杯男子大回転

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、ブルガリアのバンスコで男子大回転第8戦が行われ、世界選手権で18位と健闘した加藤聖五(野沢温泉ク)は1回目で途中棄権に終わった。
 世界選手権覇者のマチュー・フェーブル(フランス)が合計タイム2分25秒29で今季初勝利、通算2勝目をマークした。(共同)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0