JOCの山下会長「極めて残念」 森氏辞任は「致し方ない」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任について、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は12日、都内で報道陣の取材に応じ、スポーツ界で森氏が果たした貢献の大きさに触れ「極めて残念」と語った。一方で、女性蔑視発言が国内外で大きな波紋を広げたことから「辞任は致し方ない」との認識も示した。
 森氏が川淵三郎氏を事実上の後継に指名したことが透明性に欠けると批判され、人事が白紙に戻ったことには「正規の手続きじゃないところで次の会長が決まっていくイメージを与えたことは、よろしくない」と話した。新会長は「誰に決まっても、全面的に支える」と強調した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >