静岡新聞SPORTS

パラ上山ら4選手の内定維持 アーチェリー

(2020/4/1 16:45)
上山友裕
上山友裕

 日本身体障害者アーチェリー連盟は1日までに臨時理事会を開き、昨年の世界選手権の結果で東京パラリンピック代表に内定した4選手について、国際パラリンピック委員会(IPC)が出場枠割り当ての方法を大幅に変更しないことを条件に、内定維持を決めた。
 男子リカーブの上山友裕(三菱電機)と個人(車いす)の仲喜嗣(日本連盟)、女子リカーブの重定知佳(林テレンプ)と個人(車いす)の岡崎愛子(ベリサーブ)が内定している。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

全国・海外スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト