静岡新聞SPORTS

五輪代表、全柔連は「判断遅い」 ウルフ、見直し論浮上で

(2020/3/26 19:12)
東京都葛飾区長を表敬訪問し、あいさつする柔道男子100キロ級代表のウルフ・アロン=26日
東京都葛飾区長を表敬訪問し、あいさつする柔道男子100キロ級代表のウルフ・アロン=26日

 東京五輪男子100キロ級代表のウルフ・アロン(了徳寺大職)が26日、五輪延期決定を受けて各競技で浮上する代表見直し論について言及し「柔道は判断が遅い。早めの判断を出してほしい」と全日本柔道連盟(全柔連)に求めた。出身地の東京都葛飾区の青木克徳区長を表敬訪問した後に語った。陸上のマラソン、卓球は選考結果を維持する判断を示している。
 柔道は男子66キロ級を除く男女計13階級で代表が決定。元世界王者のウルフは厳しい代表レースを勝ち抜いただけに「(全柔連は)自信を持って『今の選手でいく』と言ってもいい。何を危惧しているのか分からない」と率直に話した。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

全国・海外スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト