静岡新聞SPORTS

ジャンプ、日本は2回目進めず W杯女子団体

(2020/2/22 21:29)
W杯ジャンプ女子団体第2戦で飛躍する高梨沙羅=リュブノ(共同)
W杯ジャンプ女子団体第2戦で飛躍する高梨沙羅=リュブノ(共同)

 【リュブノ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は22日、スロベニアのリュブノで団体第2戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、勢藤優花(北海道ハイテクAC)丸山希(明大)伊藤有希(土屋ホーム)高梨沙羅(クラレ)で臨んだ日本は1回目に伊藤がスーツの規定違反で失格となり、353・8点の9位で、8チームによる2回目に進めなかった。
 オーストリアが1008・7点で優勝した。スロベニアが2位、ノルウェーが3位だった。

全国・海外スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト