ウッズ選手、右足など手術 重傷で早期復帰は絶望的

 【ロサンゼルス共同】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で車を運転中に単独事故を起こした男子ゴルフのスーパースター、タイガー・ウッズ選手(45)が右すねや足首の手術を受けたことを23日、同選手の財団が発表した。早期復帰は絶望的で、選手生命への影響が懸念される。

23日、米ロサンゼルス近郊で事故を起こして大破し、つり上げられるウッズ選手の車両(AP=共同)
23日、米ロサンゼルス近郊で事故を起こして大破し、つり上げられるウッズ選手の車両(AP=共同)
2019年4月、男子ゴルフのマスターズ・トーナメントを制し喜ぶタイガー・ウッズ選手=米ジョージア州オーガスタ(ロイター=共同)
2019年4月、男子ゴルフのマスターズ・トーナメントを制し喜ぶタイガー・ウッズ選手=米ジョージア州オーガスタ(ロイター=共同)
23日、米ロサンゼルス近郊で事故を起こして大破し、つり上げられるウッズ選手の車両(AP=共同)
2019年4月、男子ゴルフのマスターズ・トーナメントを制し喜ぶタイガー・ウッズ選手=米ジョージア州オーガスタ(ロイター=共同)

 担当医によると重大なけがを負った右脚の脛骨と腓骨、右足と足首がボルトなどで固定されているという。意識があり、会話はできる状態であることなども、ウッズ選手のツイッターを通じて財団が声明で説明した。
 長く腰痛に苦しみ、昨年12月に手術を受けて復帰を目指している最中だった。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0