佐々木朗希、変化球交え30球 13日以降も沖縄・石垣で調整へ

 ロッテの佐々木朗希が11日、沖縄県石垣市の今キャンプで4度目のブルペンに入った。体調面を考慮して調整のペースを一度、落としたため前回の8日は捕手が片膝をついた状態で投げたが、今回は座らせて30球。「回数を重ねるにつれて良くなっている感覚はあるので、このまま順調にやっていきたい」とうなずいた。

ブルペンで投球練習するロッテ・佐々木=石垣
ブルペンで投球練習するロッテ・佐々木=石垣

 力強い直球に加え、変化球もキャンプで初めて解禁した。特にプロ入り後、制球に苦しんでいたフォークボールの改善に向けて手応えをつかんだ。「落ちなかったり、落とそうとして力が入ったりとか、うまく投げられなかった。自然な形で気持ち良く投げられた」と満足げだった。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0