静岡新聞SPORTS

大リーグ、キャッシュ監督ら受賞 最優秀監督賞

(2020/11/11 09:27)
オンラインで取材に応じるレイズのキャッシュ監督=10月(共同)
オンラインで取材に応じるレイズのキャッシュ監督=10月(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグの最優秀監督賞が10日発表され、ア・リーグは筒香が所属するレイズのキャッシュ監督、ナ・リーグはマーリンズのマッティングリー監督がともに初めて受賞した。
 42歳のキャッシュ監督は2015年からレイズの指揮を執り、今季は40勝20敗でリーグ最高勝率をマーク。チームを12年ぶりのワールドシリーズに導いた。59歳のマッティングリー監督は16年からマーリンズを率い、今季は新型コロナウイルスの集団感染を乗り越えて31勝29敗で17年ぶりにプレーオフ進出を果たした。
 全米野球記者協会会員がプレーオフ前に投票して決まった。

大リーグの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿