静岡新聞SPORTS

バウアー、日本球界移籍も視野 レッズの単年契約オファー拒否

(2020/11/5 09:30)
9月のパイレーツ戦でレッズの先発として登板したバウアー=ピッツバーグ(AP=共同)
9月のパイレーツ戦でレッズの先発として登板したバウアー=ピッツバーグ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、レッズで今季最優秀防御率に輝き、フリーエージェント(FA)になったトレバー・バウアー投手(29)が規定の1890万ドル(約19億8千万円)での単年契約によるレッズからのクオリファイング・オファー(QO)を拒否したと4日、同投手の代理人がツイッターで公表した。
 同投手はかねて「大リーグと日本プロ野球からのオファーを全て考慮する」としていた。米メディアによると、今季年俸は1750万ドル(162試合換算)で、次期契約では総額2億ドル超を希望しているという。代理人はレッズとの交渉も閉ざさないとした。

大リーグの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿