静岡新聞SPORTS

桑田真澄氏、踏み込んだ対策訴え 学会に参加、高校球数制限で

(2020/12/19 18:00)
桑田真澄氏
桑田真澄氏

 プロ野球巨人などで投手として活躍した桑田真澄氏が19日、神戸市で行われたスポーツ医学の学会に参加し、高校野球の投球数制限に関するパネルディスカッションで「大事なのは球数と投球間隔」と語り、踏み込んだ対策の必要性を訴えた。
 日本高野連は今春から公式戦で「1週間500球以内の投球数制限」や「3連戦回避の日程設定」などを導入した。桑田氏は昨夏の全国高校野球選手権大会で決勝に進出した両チームの主力投手が16日間で計5試合、約500~600球を投げたと指摘。プロ野球巨人のエース菅野が同じ16日間で3試合、300球程度だった例を挙げ、制限が不十分との認識を示した。

高校野球 全国の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第1節 1回戦
川 崎 2 - 0 横浜M (終了)
鹿 島 - 清 水 (15:00)
札 幌 - 横浜C (14:00)
浦 和 - F東京 (14:00)
広 島 - 仙 台 (14:00)
大 分 - 徳 島 (14:00)
湘 南 - 鳥 栖 (15:00)
C大阪 -  柏  (16:00)
神 戸 - G大阪 (17:00)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿