W杯ベルギー戦「全員で勝機を拾う」 西野監督に自信

(2018/7/2 17:00)

 【ロストフナドヌー(ロシア)=静岡新聞社特派員・岡田拓也】サッカーのワールドカップ(W杯)日本代表は2日午後9時(日本時間3日午前3時)から、決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する。1日の公式会見に臨んだ西野朗監督は「勝機はどこかに落ちている。全員で拾いたい」と初の8強入りへ自信をのぞかせた。
 日本代表は1日、試合会場近くのスタジアムで最終調整した。報道陣に公開された冒頭部分では、長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト、藤枝東高出)や大島僚太選手(J1川崎、静岡学園高出)らがリラックスした表情でパス交換を繰り返した。右足首を痛めて別調整していた岡崎慎司選手(レスター)も加わり、全23選手が軽快な動きを見せた。
 日本はポーランドとの1次リーグ最終戦で先発6人を入れ替え、主力を温存。8強入りを懸けた大一番に照準を合わせた西野監督は「良い状態で迎えられる状況をつくれた。ベルギーと精神的に対等以上のレベルでピッチに立ちたい」と強気だった。ポーランド戦はベンチスタートだった長谷部選手は「心身ともにフレッシュな状態で臨める」と満を持し、1次リーグは出番がなかった大島選手も「準備するだけ」と意欲を見せる。

「W杯静岡県勢/静岡新聞特派員記事」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'