「ポーランドも意地見せる」 J1磐田カミンスキー、日本に警鐘

(2018/6/27 07:40)

 サッカーJリーグ1部(J1)ジュビロ磐田のポーランド人GKカミンスキー選手(27)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で決勝トーナメント進出を目指す日本代表に“警鐘”を鳴らした。1次リーグH組1勝1分けの日本は、28日の最終戦でポーランドと対戦する。
 カミンスキー選手はW杯開幕前、「日本とポーランドが決勝トーナメントに進出してほしい」と願っていた。だが、ポーランドは2連敗で、最終戦を前に敗退が決まったことを残念がった。
 その上で「(日本戦は)名誉のために戦ってくれると思う。ポーランドは2002年、06年も同じような状況で最後に勝っている」と話した。ポーランドは02年W杯日韓大会1次リーグで連敗後、米国を3―1で下し一矢報いた。06年ドイツ大会も連敗したが、最終戦でコスタリカを2―1で破っている。
 「ポーランドはこれまでと同じ経験をしたが、(今大会の代表も)最後は意地を見せると思う」とカミンスキー選手。同選手によると、ポーランドはW杯に入って布陣を変えたことが苦戦の原因になったと分析。両チームの比較を「レバンドフスキに頼る戦術に対し、日本は全員でプレーする」と対照的なチームとした。

「W杯静岡県勢/静岡新聞特派員記事」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'