俊敏と献身、見せた日本の強み サッカーW杯セネガル戦

(2018/6/25 17:00)

 【エカテリンブルク(ロシア)=静岡新聞社特派員・岡田拓也】パワーもスピードもセネガルが上だった。ただ、日本は相手の特徴を徐々に消していった。技術や俊敏さ、献身性といった強みを生かし、2度追い付いた。相手の体力が衰えを見せた終盤には形勢逆転。仕留め損ねこそしたが、1次リーグ突破を近づける勝ち点1を手に入れた。
 身体的な優位性を生かして迫り来るセネガルへの対応を、時間の経過と共に身につけていった。体を寄せて前を向かせず、相手のスピードを奪った。自由を与えなければ、威力は半減する。対策が奏功し始めた頃、西野朗監督も「好転していく感覚があった」と手応えを得ていた。
 そんな中、最初の同点弾が生まれた。左サイドを抜けた長友佑都選手(ガラタサライ)が後方からのロングパスを受けた。トラップは少し大きくなったが、直後の反応が速かった。競り合った相手DF2人よりも早くボールに触り、乾貴士選手(ベティス)へ。乾選手は切れのあるステップからゴールを射抜いた。
 2度目は本田圭佑選手(パチューカ)、岡崎慎司選手(レスター)と立て続けに交代カードを切った直後だった。大迫勇也選手(ブレーメン)の右クロスは相手GKやDFと競り合った岡崎選手の上を抜け、左サイドの乾選手の足元へ。折り返しは再び岡崎選手の横を抜け、本田選手が左足でネットを揺らした。
 このときの岡崎選手の動きは欠かせなかった。本人は「2度とも本気でゴールを狙っていた。両方とも点を取れるところにいようと思った」と言うが、実際は相手GKの動きを制限する絶妙なプレーだった。チーム全体で攻撃への意識を共有したからこそ生まれたゴールだった。
 初戦は同点にされながら勝ち越し、セネガル戦は2度追い付く粘り。日本代表は試合ごとに進化を見せてきた。「この先はただ勝つだけで無く、成長しながら進んでいくのが勝ち上がる条件」と岡崎選手。敗退が決まったポーランドとの第3戦は、決勝トーナメントへ勢いを付けられるかも問われる。

「W杯静岡県勢/静岡新聞特派員記事」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'