自転車で女子国際チーム選手らと走り交流 御殿場でイベント

(2020/10/26 10:50)
ハイアンビションの選手らと走行し交流を楽しんだライドイベント=御殿場市の富士山樹空の森

 国内唯一の女子国際自転車チーム「ハイアンビション2020jp.」の選手らと東京五輪自転車ロードレースのコースを走行するライドイベントが25日、御殿場市などで開かれた。市内外のサイクリスト約40人が秋深まる富士山麓を走り交流を楽しんだ。
 チームからは国内大会で優勝経験のある本田母映(もえ)選手と自転車の魅力を発信する「ホビーサイクリスト」3人が参加。同市の富士山樹空の森をスタートし五輪の舞台になる2市1町を巡る約56キロのコースで、4グループに分かれて走行した。互いに声を掛け合い、裾野までくっきりと姿を現した富士山を眺めながら爽やかな汗を流した。
 チームと市の連携記念イベント。走行後はチームグッズを懸けたじゃんけん大会で盛り上がった。チームの加藤修代表(48)は「今後も市と連携してイベントを開き自転車の楽しさを広めたい」と話した。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「東京五輪」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'