「この施設から金」BMX五輪代表の大池(島田工高出)意気込み 岡山の練習拠点完成

(2020/8/12 11:00)
岡山市に完成した自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設で演技する大池水杜

 東京五輪の新種目に採用された自転車BMXフリースタイル・パークの室内練習施設「ライトBMXパーク」が岡山市に完成し、11日に報道陣に公開された。同市を拠点にしている五輪女子代表の大池水杜(ビザビ、島田工高出)は、「この施設で自分がベストを尽くし、金メダルを目指す」と来夏へ意気込みを語った。
 大池は7月から月2回行われている合宿に参加し、既に施設を使用している。今まで以上に設備が整い、挑戦できなかった技にも取り組めるようになった。「自分のスキルが伸びたと実感している。あとは自分がやるだけ」。気合を入れ直し、新たな強化拠点でレベルアップを図る。
 パーク面積は約350平方メートルで、一般利用が可能な専用施設としては国内最大級。全日本フリースタイルBMX連盟の出口智嗣理事長らがワールドカップの会場などを参考に設計し、大池ら代表選手の意見も取り入れた。15日にオープンする。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「東京五輪」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'