東京五輪パラ、開催まで1年「コロナは…」 収束不安視85% 都市ボランティアアンケート

(2020/7/23 15:08)

 日本財団ボランティアサポートセンター(東京都港区)は22日、東京五輪・パラリンピックの都市ボランティアを対象にしたアンケートの結果を公表した。来年に延期された大会のボランティア活動をするにあたり、新型コロナウイルスの収束状況に不安を感じている人は約85%に上った。
 調査は6月16日~7月15日にインターネットで行い、静岡県や宮城県など4県2市の都市ボランティア2198人から回答を得た。
 来年のコロナの収束状況に「大いに不安」は51・5%、「やや不安」は34・7%だった。活動中や事前研修での感染リスクにも約6割が不安を抱いていることが分かった。
 延期により「ボランティア活動ができない可能性が高い」と回答した人は8・7%、「活動できる可能性は高いが日程の再調整が必要」は38・4%で、4割超が延期に伴う影響があるとした。
 モチベーションの維持については、不安を感じていない人は5割、不安がある人は3割いた。
 調査結果を受けて同センターは「心理的な不安を解消するためには情報提供が大事」とし、各自治体の感染症対策の取り組みや研修の再開、当日の活動などについて積極的に情報提供していくとした。非接触型の研修プログラムの開発にも取り組む。
 都市ボランティアは自治体が募集し、交通案内や競技会場近くの誘導を担う。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「東京五輪」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'