「伊豆でMTBの魅力伝える」東京五輪代表決定の山本と今井がオンライン会見

(2020/6/6 09:07)

 日本サイクルスポーツセンター(伊豆市)の特設コースで来夏開催される東京五輪自転車競技マウンテンバイク(MTB)の代表に決まった男子の山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)と女子の今井美穂(CO2bicycle)が5日、オンラインで記者会見した。4大会連続出場の山本は「伊豆コースは世界最先端の設計で観客とも近い。MTBの魅力を伝える走りをする」と意気込んだ。
 ▶▶<動画>東京五輪・伊豆MTBコース特集
 34歳の山本は東京五輪を現役最後のレースと位置付ける。昨秋のテスト大会は男女を通じ日本勢で唯一完走。経験豊富な第一人者は、急勾配の上りと「タイヤ1本ラインを外しただけで転倒につながる」という下りが連続する難関コースの攻略に自信を見せる。目標は8位入賞。「集大成の走りでムーブメントをつくりたい」と力強く語った。
 初出場の今井は地元群馬で小学校教諭として勤務する33歳。社会人になって競技を始め、五輪切符をつかんだ。新型コロナウイルスによる1年延期は国際大会の経験を積む貴重な時間。「世界基準のコースに対応できるスピードと力を身に付け、最低でも完走したい」と成長を誓った。

 やまもと・こうへい 08年北京五輪46位、12年ロンドン五輪27位、16年リオデジャネイロ五輪21位。北海道・帯広農高出、DREAM SEEKER RACING TEAM。182センチ、68キロ。34歳。北海道出身。

 いまい・みほ 大学卒業後、小学校で勤務しながら競技を始め、18、19年全日本選手権クロスカントリーを連覇。今年のアジア選手権5位。東女体大出、CO2bicycle。161センチ、56キロ。33歳。群馬県出身。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「東京五輪」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'