杉本敗退、五輪逃す アーチェリー東京五輪代表2次選考会

(2020/3/22 08:15)

 アーチェリーの東京五輪代表2次選考会第1日は21日、掛川市のつま恋リゾート彩の郷スポーツ広場で男女各8人が出場して行われ、男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストで5大会連続出場を狙う古川高晴(近大職)ら上位6人が22日の最終日に進んだ。
 女子はロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(デンソーソリューション)、17歳の園田稚(東京・足立新田高)らが進出。県勢は18年ジャカルタ・アジア大会混合リカーブ金メダリストの杉本智美(ミキハウス、浜松商高出)は7位で落選した。山内梓(近大、浜松商高出)は6位で通過した。最終日の上位5人が4月の最終選考会に進む。
 新型コロナウイルスの影響で無観客の開催となり、関係者の検温も実施した。



オリンピックフォト 写真で振り返る五輪

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

「東京五輪」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'