「目標持ちこつこつと」 岡崎(J1清水エスパルスOB)下部組織選手に

(2020/12/2 11:35)
清水ジュニアユースの選手にオンラインでアドバイスする岡崎慎司

 J1清水OBでスペイン1部ウエスカに所属する元日本代表FW岡崎慎司が30日夜、オンラインで清水ジュニアユースU-14(中学2年生)に所属する選手21人にアドバイスした。岡崎は清水のアカデミー部門が開催したセミナーのゲストとして参加した。
 「海外で長く活躍する選手になるために」をテーマに、選手が一つずつ用意した質問に答えた。「海外のFWよりも自信がある自身のプレーは」という問いには「予測する力」と回答。「自分のプレー基準を上げるためにやっていることは」という質問には「目標を持ちながらこつこつやること。自分の特徴を考えながらやれることを増やしていって」とエールを送った。
 クラブパートナーのグリコの協賛で2014年からU-14の選手を対象に行っている海外遠征が新型コロナウイルスの流行で実施できなくなり代わりにクラブOBらによるセミナーが実現した。初回は清水のGK梅田透吾とFW川本梨誉、2回目はオーストリア1部ラピッド・ウィーンのFW北川航也が参加した。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'