J1清水エスパルス、クラモフスキー監督「強い基盤ができてきた」 チームづくり前進を強調

(2020/6/27 09:28)
オンライン取材に応じる清水のクラモフスキー監督

 J1清水のクラモフスキー監督が26日の練習後にオンライン取材に応じ、「強い基盤をつくることができてきた」とボール保持を軸とした攻撃的なチームづくりが前進していることを強調した。
 1日の全体練習再開から約1カ月。この間に13日のJ3藤枝戦に続き、20日にはJ2磐田との完全非公開での練習試合を実施し、「良い相手だったが長い時間自分たちのサッカーができた」と一定の手応えをつかんだ。27日にも非公開で練習試合を行い、内容に磨きを掛けていく。
 7月4日の再開初戦に向けて「日々成長しながらしっかりと準備していきたい」と語った指揮官。再開後は例年よりも過密な日程での試合開催となるが、「控え選手をうまく使いながら選手の体力面の対応をしたい。全員が必要なシーズンだと思っている」と総力戦で異例の年を乗り切る構えを示した。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'