J1清水のティーラシン タイの英雄、再開後の活躍誓う

(2020/5/15 18:41)
FC東京とのリーグ開幕戦でゴールを決める清水のティーラシン(右)=2月、アイスタ日本平

 J1清水のタイ代表FWティーラシン(31)が、2018年に続く自身2度目の挑戦となるJリーグへの適応に自信を示している。新型コロナウイルス感染拡大でチームの活動休止が続く中、国内外メディアのオンライン取材に応じ、「日本のサッカーやチームの戦術にも慣れた。もっと成長した自分を見せられる」と再開後の活躍を誓った。
 2月のFC東京とのリーグ開幕戦では3トップの中央で先発し、チーム唯一のゴールを挙げた。勝利に結び付かず試合後の笑顔は少なめだったが、昨季のチームを支えたドウグラスの穴を埋めるストライカーとして大きな期待を抱かせた。
 「アジアトップクラスのリーグで競い合うことで自分の能力を上げたい」と1月末にタイのムアントン・ユナイテッドから加入。練習を重ねる中で「移籍当初にあった戦術面での戸惑いは解消されてきた」とし、チームメートとの連係にも手応えを口にする。18年に所属したJ1広島でのリーグ戦32試合6得点を上回る結果を今季の目標の一つに掲げる。
 活動休止後はクラブから与えられた体力強化のメニューに取り組み、今月7日からは三保グラウンドを使用した自主トレーニングを開始。「いつでも試合に臨めるようなフィジカルを保てている」と状態に不安はない。
 自国では代表通算47得点を誇る国民的英雄。清水は公式フェイスブックのタイ語版も開設し、積極的な情報発信を進める。「タイからの応援は大きな力になっている。結果で応えたい」と再びピッチで躍動する日を待ち望んでいる。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'