J1清水エスパルス、選手分け時差練習

(2020/4/7 07:49)
多くのコーチが見守る中、練習に取り組む選手たち=三保グラウンド

 J1清水は6日、新型コロナウイルスの感染防止対策として選手を3グループに分けて時間差で練習を行った。ロッカールームやグラウンド上で選手同士の密集を避けるのが目的。
 全体練習の参加29選手をポジション別で3グループにし、1時間ごと入れ替える形で実施。選手たちは少人数でストレッチやダッシュをこなした後、普段より多くのコーチやスタッフに見守られながらパス回しの練習などに臨んだ。
 FW鄭大世は「全体でやる方が楽しいが仕方ない。練習をやれるだけ恵まれている」。DF立田は「監督の求めることにポジション別で取り組めるのは良い機会」と前向きに捉えた。
 クラモフスキー監督は「こういう状況下では良いやり方では。選手には短時間でキレのある動きを求めたが、よくやってくれた」とうなずいた。7日も時間差練習を取り入れる予定。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'