J1清水エスパルス出陣へ ホームでFC東京戦、攻撃的スタイル貫く

(2020/2/23 09:20)
FC東京との開幕戦を前に調整する清水イレブン=三保グラウンド

 J1清水とJ2磐田は23日、ともにホームで今季開幕戦に臨む。清水はアイスタ日本平でFC東京と対戦。昨季2位の難敵相手に5年ぶりの開幕戦勝利を目指す。磐田はヤマハスタジアムに山形を迎える。初めてJ2を戦った2014年にプレーオフでJ1復帰を阻まれた相手に雪辱を期す。

 ■FC東京戦、攻撃的スタイル貫く
 清水は22日、三保グラウンドで約1時間の非公開練習を行い、戦いに備えた。今季初の公式戦となった16日のルヴァン杯川崎戦では1-5と大敗したが、守備に重心を置くことはせず、あくまでボールを支配して主導権を握る攻撃的スタイルを貫く。
 川崎戦は左サイドバックの石毛が得点し、個人に頼らずチームで連動しながらゴールを狙う攻撃の形を表現した。FC東京戦では3トップの初ゴールに期待が掛かる。西沢は「周囲との連係は良くなっている。得点に直結するプレーを」と意気込み、後藤も「相手守備陣の背後への抜け出しを数多く出せれば」とイメージする。
 今季は攻撃的な布陣に挑戦しているFC東京は、前線を形成する外国人3選手が強力。クラモフスキー監督は「相手にボールを持たせないよう、切り替えの速さなどで90分間試合をコントロールし続けたい」と語る。
 川崎戦後から別メニュー調整が続くMF竹内は欠場の見込み。

「話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'