清水エスパルス、GK権田獲得へ 日本代表GK

(2020/12/13 08:31)
権田修一

 J1清水が来季の新戦力として、ポルトガル1部ポルティモネンセに所属する日本代表GK権田修一(31)の獲得に動いていることが12日までの関係者への取材で分かった。すでに交渉は行われ、期限付き移籍での加入が濃厚となっている。
 東京都出身の権田は2009年にFC東京でデビュー。12年のロンドン五輪では正GKとして日本の4強入りに貢献した。16年にSVホルン(オーストリア3部)に期限付き移籍した後、17年に鳥栖に加入。19年にポルティモネンセに移籍して昨季は14試合に出場したが、今季はまだ出場がない。J1通算250試合。
 日本代表には10年から選出され、14年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会メンバー。海外組のみで編成した今年10、11月の国際親善試合ではコートジボワール戦、パナマ戦の2試合でゴールマウスを守った。代表通算18試合。
 清水は今季ここまで32試合でリーグ最多の67失点を喫し、守備の立て直しは来季に向けた大きな課題。GKはプロ2年目の梅田が今季台頭したものの、固定できていなかった。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'