パスミス、対応後手…攻守精彩欠く J1リーグ第13節・清水

(2020/8/30 09:31)
川崎―清水 前半、先制ゴールを許し、肩を落とす清水・立田(左から3人目)や岡崎(右端)=川崎・等々力

 首位を走る川崎の完成された攻撃サッカーに圧倒され続け、清水は攻守に精彩を欠いた。ゴールに迫る場面はわずか。川崎の選手のプレーをたたえる拍手が終始スタジアムに鳴り響いた。
 ボールを保持し、試合を優位に進めるという清水の狙いは早々に崩れた。川崎の統率のとれた前線からの守備に攻撃の組み立てを妨げられ、ボールを失った。受け身に回り、最終ラインの手前や間に次々とパスを通され、波状攻撃にさらされた。
 「ミスを与えると突かれてしまう」とクラモフスキー監督が振り返ったように、簡単に失点を重ねた。先制点は後方でのパス交換の連係ミスから奪われた。3失点目は自陣でのスローインを奪われ、すぐに前に運ばれ、対応が遅れて中央でフリーで蹴り込まれた。直後のプレーで、川崎が清水の逆襲に素早く帰陣し、ピンチを防いだのとは対照的だった。
 これで3試合連続の3失点以上。守備の不安定さは深刻だ。ボール保持で劣勢になった中での試合運びにも課題が残る。指揮官は「受け入れてここからはね返したい」と声を絞り出した。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'