清水エスパルス、点の取り合い屈す J1リーグ第11節

(2020/8/20 11:46)
清水―横浜M 前半、清水のJ1通算1300目ゴールを決めて喜ぶ西沢(右)=アイスタ日本平

 明治安田J1リーグは19日、各地で第11節の8試合が行われ、清水は3―4で横浜Mに敗れた。

(1)アイスタ▽観衆3279人
横浜M 4勝2分け5敗(14) 4(2―2 2―1)3 清水2勝3分け6敗(9)
▽得点者【M】ジュニオールサントス2(2)前田(1)渡辺(1)【清】西沢(2)OG、金井(1)

 【評】清水は互角の戦いを見せたが、最後に競り負けた。
 清水は開始早々に横浜Mのジュニオールサントスの個人技で失点したが、12分に横浜Mと好相性の西沢が同点弾を突き刺した。再びリードを許した後もサイドのスペースを効果的に使い攻め立て、前半終了間際に相手のオウンゴールを誘った。
 後半は互いの攻撃を守備陣が耐える展開となったが、清水は後半39、41分と相次ぎ失点。終了間際に金井が頭で押し込んだが、あと一歩及ばなかった。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'