清水エスパルス「生みの苦しみ」にもがく J1リーグ第5節

(2020/7/19 08:34)
神戸―清水 後半、神戸・イニエスタ(右)と競り合う清水・西沢=神戸・ノエスタ

 清水の攻守がかみ合わない。途中出場の西沢のゴールで一矢報いたものの、複数失点が続く守備陣はこの日もゴールを割られ続けた。開幕からの連敗は5に伸び、ついに最下位に転落した。
 前半終了間際の失点が痛かった。前線からのプレスをかわされ、中央にいたイニエスタにボールを運ばれて与えたCKを決められた。追い掛ける展開に気落ちしたのか。後半は攻勢を強める相手にペースを握られ、20分までに2失点。3失点目はゴール前に人数はいたものの、ポストから跳ね返ったボールへの反応が遅れた。
 攻撃は後半に選手交代でリズムを取り戻した時間もあったが、前半はパスの呼吸がなかなか合わず、サイドを起点にした展開もクロスの精度を欠いた。後半18分にペナルティーエリア内でフリーで放った後藤のシュートも枠を外し、決定力の課題も解消し切れていない。
 試合前日、広島、鹿島で優勝に貢献してきたファンソッコは「新しいサッカーに挑戦しているからといって、負けていいことにはならない」と語気を強めていた。「悪かった部分を良薬として受け取らなければ」とクラモフスキー監督。「生みの苦しみ」の中で、清水がもがいている。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'