清水エスパルス二見 ロングスローでOG誘う J1第30節

(2019/11/3 08:43)

 清水エスパルスが一矢報いたのは1点ビハインドの後半5分だった。敵陣左奥でDF二見が自慢のロングスロー。相手ゴールに向かって弧を描いたボールがジュビロ磐田守備陣の隙間に入り、DF大井の足に当たってゴールに吸い込まれた。
 劣勢時、二見がスローインのために敵陣深くに走りだすと、ホームのスタンドが沸く。二見は第18節神戸戦でロングスローをドウグラスの頭に届けて決勝点を演出。第28節浦和戦でもゴールにつなげた。試合後、大阪出身の27歳は「まだ自分たちで何とかできる状況。次頑張らなければあかん」と前を向いた。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'