守備が安定、2試合連続完封勝ち J1リーグ第22節・清水

(2019/8/11 07:37)

 これまで何度もやり玉に挙げられてきた清水の守備が安定してきた。松本に放たれたシュートは前後半1本ずつだけ。2試合連続の完封勝ちを収め、篠田監督は「全員がやるべきことをやってくれた」とたたえた。
 相手に球を保持される時間帯はあったが、前線から激しく相手を追いかけ回し、最終ラインも体を張った。
 清水はリーグワースト42失点の守備の修正が急務だった。2戦連続で先発した新加入DF吉本は「無失点を続けないと意味がないと、みんなで意識していた。しっかり耐えきることができた」と話した。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'