得点機逃し、流れ渡す J1リーグ第20節・清水

(2019/7/21 08:07)
清水―FC東京 前半30分、FC東京の永井(左端)が2点目のゴールを決める。GK・西部=アイスタ日本平

 押し込んでいる時間帯に決められず、相手に少ない好機をことごとくものにされてしまう。清水は典型的な負けパターンに陥った。
 立ち上がりは清水ペースだった。北川がGKとの1対1からシュートを放ち、ドウグラスもCKから美しいオーバーヘッド。自慢の2トップが次々にスタンドを沸かせたが、ともにGKに阻まれた。
 相手を圧倒する時間は続かず、流れは一気にFC東京に。守備陣の寄せが甘くなった前半16分、エリア外から鮮やかなミドルを浴びて先制点を献上。前半30分にはエウシーニョがクロス対応を誤り、警戒していた永井にこぼれを押し込まれた。
 堅守速攻を貫くチーム同士の戦いで、篠田監督は「局地戦から一気に前に出るスピード」を勝負の分かれ目に挙げていた。しかし、攻撃に転じた時の迫力や仕上げの精度ではFC東京が一枚上手だったか。指揮官は「全体的には良い試合だったが、結果がすべて」と力負けを認めた。
 この日を含めた20試合で、清水が相手を完封したのは1試合だけ。失点の原因は守備陣だけの責任ではなく、原因もさまざまだが、マークの緩みや不用意なプレーからネットを揺らされる場面が目立つ。
 首位たたきの思惑は外れ、2戦連続の完封負け。ホーム連勝も3でストップした。残留争いは一進一退が続いている。

「公式戦」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'