藤枝MYFC、アスルクラロ沼津に初勝利 J3リーグ第30節

(2019/11/11 13:45)

 J3リーグは10日、愛鷹広域公園多目的競技場などで第30節7試合を行った。沼津と藤枝の県勢対決は後半36分、藤枝が途中出場のMF清本拓己が奪ったゴールを守り抜き、6度目の対戦で初勝利を挙げた。2位藤枝は10戦負けなし。首位北九州が熊本と引き分けたため、勝ち点差は2に縮まった。

(2)愛鷹(藤枝1勝1分け)▽観衆3505人
藤枝 16勝9分け5敗(57) 1(0―0 1―0)0 沼津 9勝6分け15敗(33)
▽得点者【藤】清本(2)

 ■藤枝10戦負けなし 首位北九州と2差
 藤枝がしぶとく勝ち点3を積み上げた。0―0の後半36分、沼津のクリアのこぼれ球を清本が逃さなかった。「とにかく(ボールを低く)抑えることを心掛けた」とバウンドにタイミング良く右足を振り、相手GKの股間を抜く鮮やかなボレー。チームを7~8月以来の連勝に導いた。
 清本は移籍後初出場初得点した9月7日の岩手戦以来、8試合ぶりの得点。「すべて途中出場だが、試合に出る時間が長くなり、体にキレが出てきた」と手応えを感じている。石崎監督の信頼も厚く、「スピードがあり、流れを変えられる」と交代の1番手に指名された。
 ベテランMF成岡が今季限りでの現役引退を発表。DF秋本は「優勝して送り出す」と勝ち点差2に縮まった12月8日の首位北九州との最終節まで勝ち続ける決意を示す。

 
 

「藤枝MYFC」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'